水商売におすすめのカードローンは?審査ポイントも併せてご紹介!

カードローン絞り込み検索リセット

 

ホステスやホスト、バーテンダー、風俗で勤務している人など、いわゆる水商売で働いている人はお金を借りたくても審査が厳しいのでカードローンを利用できない、とあきらめているかもしれません。

 

しかし水商売の人でも利用可能なカードローンはありますし審査を通るコツもあります。

 

水商売の人がカードローンの審査を通るためのポイント、カードローンを利用するためには絶対してはいけない注意点を紹介します。

 

 

水商売がカードローンの審査が通りにくい理由

 

一般的に水商売で働いている人はカードローンの審査を通過することが難しい、と言われています。

 

理由は、水商売はカードローンが設定している様々な審査基準を満たしていないため、返済能力が低い業界に勤務している人、と判断されるからです。

 

水商売に勤務している人がカードローンの審査に不利な具体的な理由を解説します。

 

水商売は業績が安定していない

 

まず挙げられる理由は、いわゆる「水商売」が不安定な業種だからです。

 

「水商売」の言葉の意味は「先の見込みが立てにくく流れる水のように不安定な商売」です。

 

水商売は、キャバクラやスナック、バーやホストクラブなどの「夜の仕事」を指すことが一般的ですが、このような業界は好不況の景気の波、人々の嗜好やマーケットトレンド、天候など様々な外的要因が日々の売上にダイレクトに影響します。

 

中長期的な業績の見込みが立てることが難しい業態です。

 

カードローンでお金を借りると毎月継続して返済しなければいけません。水商売で勤務している人たちが返済能力に疑問を持たれても仕方がないことかもしれません。

 

継続的に安定した収入を見込めない。

 

水商売は業績の見込みを立てにくいビジネスですが、勤務している人も同様で毎月継続的に安定した収入を得られる、ということはありません。カードローンの審査が厳しい理由の一つです。

 

 

夜の仕事で勤務している人の中には、高い時給で勤務している人や歩合で売り上げに応じた高い報酬を獲得している人が存在します。

 

そのような人は一般的なサラリーマン以上の月収を得ているでしょう。

 

しかし、次の月やその次の月も同様に同じような高収入を得られるとは限りません。体調を崩すなど何らかの事情で出勤が減ると収入も減ってしまいます。


 

カードローンの審査は「毎月安定した収入があること」を重視しているので審査通過が難しいのです。

 

カードローンが考えている「水商売で勤務している人」はホステス、ホスト、バーテンダー、風俗で勤務している人ですが、時給や日雇い、月雇いの労働者も同様の基準で審査を行います。

 

離職率が高い

 

水商売は離職率が高く入れ替わりが激しい業界であることも審査が厳しくなる理由です。水商売で働いている人はすぐに辞めてしまうという印象を持たれていますが、カードローンでも同様の印象を持っています。

 

もしお金を貸してもすぐに辞められてしまうと回収ができなくなります。

 

水商売での離職率が高い理由は、条件の良い職場があれば移籍する、勤務先が閉店してしまう、若いうちにしか稼げず一生の仕事として水商売を選択している人が少ない、生活のためにやむなく水水商売で勤務しているが将来的には別の仕事に就きたいと考えている、など様々です。

 

このように離職する理由が多い業界はあまりありません。水商売で働く人たちにカードローンの審査が慎重になるのはやむを得ないことでしょう。

 

水商売が利用可能なカードローンはあるのか?

 

水商売の人たちにはカードローンの審査は厳しいですが悲観することはありません。

 

定期的に収入があれば申し込み可能なカードローンは存在し、審査次第では利用できます。

 

審査を通るためのポイントと借り入れが可能なカードローンを紹介します。

 

水商売がカードローンを申し込むための条件

 

まず、水商売で勤務している人たちがカードローンに申し込みできる条件、並びに審査が通る可能性が高いのは下記の条件をいずれも満たしていなければいけません。

 

  • 20歳以上
  • 安定した収入がありそれを証明できる
  • 在籍確認が可能
  • 他社の借入が少ない
  • 固定電話がある

 

なぜ20歳以上という年齢制限があるかというと、法律で未成年には親権者並びに後見人に許可なくお金を貸し付けてはいけないことと、未経験は法律行為をいつでも取り消しできる、ということが定められているからです。

 

カードローンの契約は法律行為となりますので、カードローンがもし未経験者に貸し付けをし、その利用者が貸し倒れを起こしても回収できないというリスクを抱えなければいけません。

 

固定電話は審査を通過するための必須条件ではありませんし、携帯電話しか所有していない人も多いでしょう。

 

ただ、固定電話を所有していると「住居・生活が安定している」という印象を与えて審査にプラスになる可能性があります。

 

おすすめは消費者金融のカードローン

 

水商売で働いている人におすすめのカードローンは消費者金融系のカードローンです。

 

カードローンは銀行や、信販会社、消費者金融などの金融機関が運営していますが、消費者金融系のカードローンが最も審査が柔軟だからです。

 

レイクALSA、アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルといった大手の消費者金融系カードローンは全て水商売の人の申し込みを受け付けています。

 

銀行系カードローンは金利が低く利用限度額が大きいものの審査に時間がかかる上に審査通過のハードルが非常に高いため、水商売で働いている人が利用することは非常に難しい、とお考え下さい。

 

ちなみに、消費者金融系カードローンは水商売の人でも申し込みを受け付けておりますし柔軟に審査を行いますが、「審査が甘い、緩い」というわけではありませんのでご注意ください。
また、銀行系カードローンや信販系カードローンと比較すると金利が高く設定されていますので審査が通過しても計画的に利用する必要があります。

 

水商売がカードローンの審査を通るために

 

水商売で働いている人がカードローンの審査を通るためにはどうすればよいのでしょうか。申し込みから審査まで、必ず押さえなければいけないポイントを紹介します。

 

申し込みは丁寧に行う

 

カードローンの申し込みには、氏名や生年月日、住所、電話番号、家族構成、住居の状況、勤務状況、年収などの状況を申告しますが、WEBや申込書に情報を入力・記入する際にはミスのないように、丁寧に行ってください。

 

申し込みの記載ミスによって審査が通過しないこともありうるからです。

 

申し込みの記載ミスをして内容の確認時に事実との齟齬が生じると虚偽の申告をしていると疑われても仕方がありませんし、審査落ちしなかったとしても情報の真偽の確認に時間がかかります。

 

カードローンの審査は返済能力の有無をチェックしますが、申し込んだ人がいい加減ない人かどうかというポイント審査の大きな要素です。

 

申込書に必要事項を記入する際にはできる限り丁寧な字で書き、誤字脱字をしないようにしてください。

 

勤務先は所属している企業名を記載する

 

申し込む際には勤務先と職業、勤務形態を記載しますがそれぞれ注意が必要です。

 

勤務先に関しては、所属しているお店が法人化しているのであれば運営している企業名を記載してください。

 

業種に関しては「飲食業、サービス業」、職業は「接客業、接客サービス」と記載して問題ありません。

 

大手消費者金融であれば申し込み時の業種欄に「スナック、クラブ」といった選択肢もありますのでどのように記入すればよいのか迷うことはないでしょう。

 

もし昼間は正業に就いていて夜間はアルバイトとして水商売で働いているのであれば、両方の勤務先の情報を記載してください。その際、年収は正業とアルバイトの合算した金額を記入しましょう。総量規制に関係するからです。

 

収入を証明できる書類を用意する

水商売で働いている人がカードローンに申し込んだ際には、借入金額に関係なく収入証明書の提出を要求される可能性があるので準備しておいたほうがよいでしょう。

 

収入を証明できる書類は下記のような資料です。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書 

など

 

上記の書類は複数あったほうが審査に有利になるので可能であればご用意ください。また、書類は全て最新のもの出ないと効力がありませんのでご注意ください。

 

水商売の人がもっとも準備しやすい収入証明書類は給与明細書ではないでしょうか。もし給与明細書を提出するのであれば数か月分用意しましょう。

 

給与明細書には社名が記載していなければ証明書としては無効です。

 

 

働いているお店を歩合契約で勤務している人がカードローンを申し込むと個人事業主として審査が行われ、確定申告書が必要となりますので必ずご準備ください。

 

申告書類は青色申告書や収支内訳書でも代用が可能です。


 

申込金額は必要最低限に

 

水商売の人がカードローンを申し込む際、利用限度額は必要最低限で申し込むことが審査を通過するためのコツです。カードローンは利用限度額が高ければ高いほど審査基準が厳しくなります。

 

水商売の人は審査で高いハードルが設定されているので数十万円の利用限度額で申し込むと審査に時間がかかりますし審査通過が厳しくなります。

 

審査の通過を目的とするのであれば、利用限度額はできれば10万円以内で申し込んでください。利用金額を増やしたい、という人は審査が通過し取引の実績を作りましょう。

 

一定期間の実績ができれば利用限度額が増額できる可能性があります。

 

在籍確認は担当者に相談する

 

カードローンの審査では在籍確認がほぼ必ず行われます。水商売で働いている人は在籍確認がどのように行われるのか事前に担当者に相談してください。

 

在籍確認は担当者が個人名で電話連絡し、申し込んだ人が在籍しているかどうかを確認するだけですので在籍確認でカードローンの利用が周りに知らせてしまう、ということはありません。

 

しかし水商売はカードローンの営業時間外にしか営業していないこともあります。そのようなお店に勤務していると在籍確認が取れないかもしれません。

 

もしカードローンの営業時間外にしか在籍確認が取れないのであれば事情を説明しその時間帯に連絡してもらうか代替案を出してもらってください。柔軟に対応してくれるでしょう。

 

さらに、在籍確認は本名で行われるのか源氏名で行われるかなどを事前に把握したほうがよいでしょう。

 

在籍確認をスムーズに完了させるためには、申し込み時に連絡がつきやすい電話番号を申告すること(勤務先名は運営企業でも連絡先はお店の電話番号にするなど)、勤務中なかなか電話に出られないような状況であれば、電話応対してくれる可能性のある同僚に「クレジットカードの在籍確認の電話がある」と事前に伝えておくことをおすすめします。

 

水商売がカードローンを利用する際の注意点

 

水商売の人がカードローンを利用する際に注意しなければいけない点があります。

 

下記のポイントを押さえて利用してください。

 

借入件数と延滞には気をつける

 

カードローンを既に他社を利用している人は借入件数と借入総額には気をつけてください。

 

貸金業法では総量規制で一定以上の金額の貸付を禁じているので、借入件数や借入金が増えると新たな借入ができなくなるからです。

 

カードローンやクレジットの利用状況は信用情報機関に記録されます。利用状況は借入の件数や総額だけではなく返済に関する情報も含まれています。

 

返済が滞りがちの人や、長期間にわたり延滞したことがある、という人は審査に不利になります。

 

延滞情報のローンは携帯電話の本体の割賦金も対象となります。携帯電話料金をよく延滞する人はカードローンの審査に影響するので気をつけてください。

 

一度に複数のカードローンに申し込むのはNG

 

審査に自信がないからと一度に複数のカードローンに申し込みを考えている人もいるかもしれませんがNGです。

 

ローンやクレジットの利用状況は信用情報機関に登録されていることを説明しましたが、利用状況には「申し込み状況」も記録されるので、いつどこにローンやクレジットを申し込んだといった情報も金融機関は把握できます。

 

短期間に複数のカードローンに申し込む人は「お金に困っている人」という印象を与え審査の評価はネガティブになります。

 

アリバイ会社を使ってカードローンに申し込んではいけない

 

現在、在籍確認の対応や架空の給与明細を発行するサービスを提供している企業が存在します。いわゆる「アリバイ企業」です。

 

自らの職業を隠してこのような企業に在籍しているふりをしてカードローンに申し込み契約すると詐欺行為となり違法です。

 

もし虚偽が発覚すると一生ローンやクレジットを利用できなくなります。

 

違法金融業者からの借入は絶対にNG

「無職・専業主婦OK」「ブラックOK」「審査なし」を謳っている金融業者は違法な金融業者、いわゆる「ヤミ金」です。

 

このような違法金融業者からは絶対に利用しないでください。

 

このような金融業者は法定の上限以上の金利で貸し付けます。元金はあっという間に返済できない額になるでしょう。

 

さらに延滞すると嫌がらせや脅迫さながらの行為で取り立てを行います。職場や家族にも取り立ての連絡があるでしょう。

 

様々なプレッシャーを受け正常な精神状態を保つことが難しくなるでしょう。生活が破綻するかもしれません。